『知的障害』で障害基礎年金1級を受給できた事例

病名知的障害
決定内容障害基礎年金 1 級
年金額約97万円

精神遅滞(知的障害)の請求の場合、出生日から病歴・受診状況等申立書を作成するなど、少しイレギュラーな対応を求められます。二十歳到達と共に障害年金請求をされるケースが一般的であり、前もって請求に向けた準備を行っていくことが大切です。

ご状況

幼少期より成長が極めて遅く、また、てんかん発作が頻繁にあり、救急車を呼ぶこともしばしばあった模様です。小学校では特別支援学級に通われましたが、じっと座っていられない、気に入らないと大声を出す、勝手に教室から出て行ってしまうといった異常行動も見受けられました。中学・高校は特別支援学校へ通われ、その間もずっとてんかんの症状があり、継続して病院を受診されていたそうです。成人になられてからも、小さなてんかん発作が続いており体調は優れず、また、精神的な成長もあまりなく、生活をしていくためには家族およびその他周りの援助が欠かせない状態にございました。

知的障害が重篤でIQの判定は不可能であり、療育手帳もA判定という重い状態にあるため、子供の将来を悲観したお母様より障害年金請求手続きのご依頼を頂きました。

サポート内容

以前に弊所をご利用下さった方より紹介してもらったとのことで、ご相談を頂きました。

弊所における知的障害の方の年金請求手続きでは、療育手帳B判定などの中等や軽度の方が多くを占めますす。恐らくですが、相当重い程度の方は福祉施設などを通して既に障害年金請求を行っている方が多いためかと考えます。そのため、今回お話を伺った際に相当重い状態にあられることや、常時介護が必要となる生活介護を利用されている点など、初めてのケースで正直なところ少し戸惑いました。ただ、いつも通り、年金請求手続きを普通に行うだけではなく、付けられる状況証明書類は全て付けて審査に上げるという思いから、お母様からの申立書や生活介護施設の方の申立書、またご本人様の状態が確認できる書類など、いくつかの状況証明書類を添付の上、年金請求に望みました。結果、最高等級である1級の年金受給につなげることができました。

結果

無事に障害基礎年金1級が支給決定となりました。

業務対応エリア

Areas to support

事務所のある愛知県瀬戸市を中心に東海三県を主に対応しております。ご都合のよい場所まで打ち合わせに伺いますので、気にすることなくご連絡くださいませ。

障害年金支援テラス運営:社会保険労務士事務所 Plust(プラスト)

営業時間 : 平日9:00~17:00
[土・日・祝日等も柔軟にご対応いたします]
TEL : 080-9732-9570
〒489-0819 愛知県瀬戸市西本町2丁目30

ご連絡はLINEでも承ります

LINEで相談する

障害年金支援テラス

運営:社会保険労務士事務所 Plust(プラスト)

〒489-0819 愛知県瀬戸市西本町2丁目30
[アクセス方法]名古屋市 栄町駅より電車で1本
名鉄尾張瀬戸駅徒歩3分