『広汎性発達障害』で障害基礎年金2級を受給できた事例

病名広汎性発達障害
決定内容障害基礎年金2級
年金額約78万円

発達障害での障害年金請求は初診日時点で加入している年金制度の種類により、対象となる障害年金制度も違ってまいります。初診日時点で国民年金加入だった場合は障害基礎年金、厚生年金加入だった場合は障害厚生年金が対象となります。

ご状況

幼少期より成人するに至るまで、特に目立った症状はなかったそうです。しかし、大学在学中に恋愛関係のこじれから精神不安定となられ、大学内のカウンセラーから病院の受診を薦められたそうです。精神科を受診したところ不安障害と気分障害との診断があり、その後は通院しながら薬の服用を続けられたとのことです。大学卒業後は介護の仕事に就かれましたが、仕事柄、食事を取る時間がないほど忙しく、夜勤もあるため不規則な生活で体調を崩されていきました(その後の検査で広汎性発達障の診断あり)。会社には病状をクローズにして働いており、そのこともあってか仕事の継続が難しくなり退職。退職後は毎日家で過ごす状況にあり、対人関係が苦手で覚えることも遅いため、現状では再就職できる状態にもないとのお話でした。

現在ではうつ状態といった二次障害が強く出てきており、一人で生活を送ることは極めて困難で、家族の介護が欠かせないご状況にあられるとのことでした。

サポート内容

ホームページをご覧下さり、お父様よりご相談を頂きました。

いわゆる「大人の発達障害」に該当するものかと考えられます。ここ数年、大人になってから初めて自分に「発達障害」があると分かる方が多くいらっしゃいます。なぜ、大人になるまで気付かなかったのかというと、発達障害という概念が知られるようになってきたのはごく最近ということや、大人になるまで周囲の環境や人間関係によってカバーされてきたことが大きいと言われております。大人になると人間関係が複雑になることや、いろいろな方とコミュニケーションを取る機会も増え、自ら対応していくことを難しく感じて社会生活に支障を来すようになります。今回のケースも同様に、今思い返せば確かに子供の頃から変わったところはあった様な気がするといった感じで、成人になられてから初めて病院を受診して発達障害が判明致しました。

発達障害を抱える多くの方が、うつ病やパニック障害、対人恐怖症といった二次障害を発症するケースがございます。今回も広汎性発達障害とうつ病の症状があるため、両症状にて診断書や病歴・就労状況等申立書を作成していく流れとなりました。医師にもその点ご留意頂いて診断書を作成頂けたこともあり、年金請求がスムーズに行えました。

結果

無事に障害基礎年金2級が支給決定となりました。

業務対応エリア

Areas to support

事務所のある愛知県瀬戸市を中心に東海三県を主に対応しております。ご都合のよい場所まで打ち合わせに伺いますので、気にすることなくご連絡くださいませ。

障害年金支援テラス運営:社会保険労務士事務所 Plust(プラスト)

営業時間 : 平日9:00~17:00
[土・日・祝日等も柔軟にご対応いたします]
TEL : 080-9732-9570
〒489-0819 愛知県瀬戸市西本町2丁目30

ご連絡はLINEでも承ります

LINEで相談する

障害年金支援テラス

運営:社会保険労務士事務所 Plust(プラスト)

〒489-0819 愛知県瀬戸市西本町2丁目30
[アクセス方法]名古屋市 栄町駅より電車で1本
名鉄尾張瀬戸駅徒歩3分